相模台病院


診療科のご案内 > 泌尿器科
泌尿器科

扱う疾患

尿路結石・尿路感染症・尿失禁・前立腺肥大症・尿路悪性腫瘍など、救急疾患から慢性疾患まで泌尿器科全般にわたり、幅広く診断・治療を行っております。

特色

尿路結石症に関しては日本で最初に破砕機を導入し、結石治療の症例数は日本で一番多く、小児から高齢者まで、また日帰りから入院治療まで、全身状態に応じた最適の治療法を選択し、レーザー治療など侵襲の少ない最先端の治療を行っております。

前立腺癌をはじめとした尿路悪性腫瘍に関しては、手術療法はもちろん、薬物療法や放射線療法も含めたトータルの治療を、近隣の大学病院や国立病院と連携し積極的に行っております。

前立腺肥大症に関しては、以前からの内視鏡手術に加え、新しい手術法であるホルミウムヤグレーザーによる前立腺核出術(HoLEP)を県内で二番目に正規導入し、低侵襲な治療を行っております。また、手術が不可能な患者様の場合でも、尿道ステントなどによる治療が可能です。

メッセージ

天皇陛下が前立腺癌の手術を受けられて以後、前立腺癌への関心が高まっており、各自治体におけるスクリーニング検査(PSA測定)も盛んになっております。

当科でも積極的に前立腺癌の早期発見を心がけております。 また、高齢者社会の進展に伴い、前立腺肥大症をはじめとする排尿障害・尿失禁などQOLを阻害する疾患に対する認識も高まっていることから、 当科では患者様一人ひとりに合わせた、満足のいく医療を心がけております。

泌尿器科病棟

当泌尿器科病棟では尿路結石症の患者様の入院が多くを占め、主に体外衝撃波や内視鏡を使っての破砕術等の治療が行われています。 結石によっては激しい痛みを伴い、尿の流れが妨げられることで腎臓の働きが悪くなる事もあります。

そういった患者様に対し、安全に安心して治療に臨めるように、患者様用クリ二カルパスを導入し入院経過説明や医療事故の防止に繋げる努力をしています。


結石以外では最近、腎や膀胱癌に対し、長時間に及ぶ大手術や術後の化学療法目的での入院患者様も増えていますが、 術後管理や抗癌剤投与では高度な知識や技術を持って、業務に臨めるよう努力し、心のケアをしたいと考えています。


そんな中、処置後に排石が見られた時の患者様の喜ぶ姿や”この病院に入院して良かった・・・・・・”と言う何気ない一言が私達の仕事の励みになり、やりがいにも繋がっています。 入退院が多い繁雑な業務の中、心がこもった暖かい看護を目標に、スタッフ一同明るい笑顔で一人一人の患者様を迎え入れたいと思います。

診療科のご案内 > 泌尿器科

担当医師

医師名 卒業年次 役職 医師資格 得意分野
丸 典夫 平成2年卒 副院長
診療部長
日本泌尿器科学会指導医 尿路悪性腫瘍全般
(特に前立腺癌)
前立腺肥大症
尿路結石症
石川 弥 平成10年卒 泌尿器科部長
救急診療部長
日本泌尿器科学会専門医 泌尿器科全般
尿路結石症
尿失禁
安藤 繭美 平成15年卒 医員 日本泌尿器科学会専門医 -
外来診療担当医表 > 泌尿器科

外来診療担当医表

午前石川
午後安藤
丸 (第3,4週)
午前安藤 (第1,3,5週)
石川 (第2,4週)
午後安藤 (第1,3,5週)
石川 (第2,4週)
午前
石川
午後
石川
午前
午後
午前安藤
午後安藤
午前
丸 (第1,2,5週)
※受付 11:00まで
石川 (第1,3,5週)
※受付 11:00まで
安藤 (第2,4週)
※受付 11:00まで
午後

※診療科により受付・診療時間が異なる場合があります。

※診療科により完全予約制の場合があります。

※外来診療についての詳細は、下記「外来のご案内」ページよりご確認下さい。

※休診・代診がある場合がありますので、電話または下記「休診・代診表」ページよりご確認下さい。

※当院の泌尿器科ではNCDに症例実績データを提供しております。詳細は下記「NCD登録について」ページよりご確認下さい。

お問合せ(代表)
046-256-0011
予約・再診日の変更
046-256-0012